育毛剤はおすすめの商品を購入しよう|選び方が肝心

婦人

発毛環境を良くできる

シャンプー

毛髪や頭皮の環境を良くするための成分が育毛剤には含まれていますが、即効性はありません。育毛剤を使って抜け毛を改善するときには、すぐに結果を求めないことが大切です。豊富な種類のものが販売されていますので、用途に応じて商品を選ぶことができます。

もっと読む

生え際や頭頂部の薄毛予防

容器

頭皮に栄養を補う

おでこが広くなってきたり、分け目が目立ってきたら、薄毛になるサインです。薄毛は様々な原因で起こります。その原因の一つが頭皮の栄養不足です。頭皮が硬くなり、血液が行き届かなくなると、毛根が栄養失調になります。そうすると髪が細くなり、抜け毛になりやすくなります。頭皮に必要な栄養を補うのにおすすめなのが育毛剤です。育毛剤は、様々な栄養をバランスよく配合した、頭皮専用の化粧品です。抜け毛が気になっている部分に塗れば、血行が促進されて栄養が行き届くようになります。また、おでこの生え際や頭頂部は悪玉男性ホルモンDHTが発生しやすいエリアです。DHTの予防には、フィナステリドを有効成分とした育毛剤がおすすめです。

医薬品の効果

育毛剤には、血行促進効果、男性ホルモンDHTの抑制、毛母細胞活性化などの働きがあります。生え際の薄毛に悩んでいるなら、フィナステリドを配合したタイプの育毛剤がおすすめです。フィナステリドは医薬品なので、購入するには医師の処方せんが必要になります。ミノキシジルは血行促進作用がある有効成分です。男性にも効果がありますが、女性の薄毛にもおすすめです。ミノキシジルも医薬品の一種です。ただし、5%程度までのミノキシジル育毛剤なら、薬局でも手に入ります。女性はミノキシジルの濃度が高すぎると副作用が出やすいので、1%程度から使うのがベストです。5%以上のミノキシジルを希望する場合は、医療機関で検査や医師の診察を受ける必要があります。

働きと通常品との違い

ボトル

育毛シャンプーは薄毛対策効果がありますが、それは様々な働きがあるからです。血行促進を通して毛母細胞を活性化させるなどの役割を持っています。通常のシャンプーと異なって洗浄力が強すぎることもなく、肌への刺激も強くありません。

もっと読む

薄毛を治す方法

医者

僕は30歳過ぎから薄毛に悩みいろんな方法を試しましたが、最終的にはこのagaの薬である「プロペシア」に出会い、薄毛のコンプレックスから解放されました。最初は不安かもしれませんが、勇気を振り絞ってagaを扱っている病院に行ってみましょう。東京なら安く処方してもらえるクリニックも多いですよ。

もっと読む