薄毛を治す方法|育毛剤はおすすめの商品を購入しよう|選び方が肝心

育毛剤はおすすめの商品を購入しよう|選び方が肝心

男性

薄毛を治す方法

医者

悩みの解消法

30代にさしかかった男性であれば、「抜け毛が増えてきた」「髪が薄くなってきた」など感じる方が多いのではないでしょうか。コンプレックスを感じる方も多いと思います。このように、成人男性にみられる髪の毛が薄くなる状態のことを「aga」と言います。agaとは男性ホルモン型脱毛症という意味です。そして今では薄毛は病院で治療できるようになりました。「aga」のCMでもおなじみですね。実際はどのような治療かというと、病院に行って医師の診察を受け、毎日定期的に薄毛治療の薬を飲むことです。実際僕は東京の薄毛専門のクリニックに行き、agaの薬を処方してもらい飲んでいます。僕も自宅近くのクリニックに通ってますが、東京以外にもagaを扱っている病院はたくさんあります。インターネットで検索して病院を探し、薬を処方してもらいましょう。東京在住の方なら、新宿・渋谷・池袋近辺に専門のクリニックがたくさんありますよ。

薄毛治療の効果

agaの治療とは、具体的には「プロペシア」という薬を飲むことです。以前は3か月で2万4000円程かかってましたが、ジェネリックが出たことで1万円台まで値段が下がりました。僕の行っている東京の病院では、診察は初回のみで、あとは診察券を出して3か月分の錠剤を購入しています。最初2〜3か月ほど続けた後、少し髪が増えたな、という感覚になりました。半年ほどすると、頭頂部に見えていた地肌がほとんどなくなってきました。目に見える形で薄毛が改善され、とてもうれしくなったのを覚えています。ちなみに薬を飲まなくなるとまた髪の毛は抜けていくそうです。なので、最初は毎日飲んで少しづつ昔の髪の毛を取り戻していき、ある程度生えそろったら薬を飲む間隔を空けてもよいのでは、と医師が言っていました。